テーマ:

ふたたび、春

うだうだしている間に、また春がめぐってきました。 今年は、姪が成人式を迎えたり、新入学・卒業がてんこ盛りだったり。 財布が凍死しそうです。 しばらく本が読めない状態が続いていましたが(精神的に)、少しだけ読みたくなってきております。 活字中毒は、新聞をなめるように見ることで何とかなっていたのですが、「本」という形になった物に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

松もあけてしまいましたが、今年最初なので。 昨年度は、終わりの1/3ぐらいを鬱状態で過ごしておりました。 きっかけも原因も分かってはいるのですが、浮上できないと言うのがずっと続いて、現在も上昇目指して努力中です。 そういうわけで、ブログを投稿どころか、ここにやってくるのも4ヶ月ぶりという体たらく。 仕事にはちゃんと行ってましたけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミレニアム懸賞問題

最初に書いておく。 問題自体が理解できないのばかり。 なのに、なぜそれ関係の本を読もうなんて思ったのか。気まぐれとしか言いようがない。 たぶん、「立ち読みしてて3時間…」の原因。 えーと、位相幾何学?トポロジーと言うヤツ。「NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか 天才数学者の光と影」という、長ったらしいのが書名。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムマシン

「タイムマシンがみるみるわかる本」という本をコンビニで見つけたので買ってみた。 内容は……。500円ならいいか。どっかで見たようなことがほとんどだった。 ところで、 本屋はタイムマシンになっているに違いない、と何度思ったことか。 ふらりと立ち寄る→目に付いた本をぱらぱらとめくってみる→気に入ったら買う。 で、時計を見るとあっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争

一度立ち読みして、欲しいと思いつつもハードカバーだったので、文庫になるのを待っていたのですが、……コミックスがでていました。しかもアニメ化してるし。 ハードカバーは重いので、気楽に取り扱うのには向きません。 コミックスも見ました。原作よりラブ度が高いのだそうで。 1巻の内容ではそんなに変わらないと思うけど。アニメも、結構楽しめそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盗作騒動

またか、と言うのが正直な感想です。 だいたい、人間の考えることなんてたいした違いはないんでないでしょうか? 創造にしろ想像にしろ、そのベースにあるのは現実世界なわけで、生活や思考に個人差があるとはいっても、特に日本人には大きな違いはないと思われますし。 だからこそ、「カタツムリの殻をかぶった女の子」なんてものがあちらこちらにいるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休も明日まで

明日はいろいろとやることが多くて忙しくなりそう。ゆっくりしたいのに~。 本当は勉強しないといけないんですよ。資格試験が近いんです。 こんなことやってる場合じゃないんですが、無性に本を読みたくなったり、手の込んだ料理を作りたくなったり。 現実逃避ですよね。 「ゲド戦記」読み終わりました。ずいぶん時間がかかりました。もっとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日買った本

久々に本屋へ行った気がする。目的のものだけ買ってすぐ帰るのでは、あんまり本屋へ行ってきた気がしない。やはり、最低一時間はいないと。今日は二時間ほど。 目的の本はまだなかったけれど。(発売日はおとといなのにね) 普段あんまり見ない棚をふらふらと眺めてみたら、なんというか目があったと言うのが一番近い気がするのだが、「祭文と呪文の力」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生協の白石さん

今更な気もしますが、読みました。買って。 立ち読みで済ませる気だったんですけどねぇ。 時間がなくて。ついでに、けっこう面白かったので。 『県庁の星』を読んだのは、去年の11月ごろだったと思う。こちらは未購入。 全く期待してなかったのですが、意外と面白かった。 こういうと、眉をひそめる人もいるかもしれないけれど、本に関し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三国志と西遊記

ゲームやドラマでも有名な中国の古典ですが、タイトルとして使えなくなるかもしれない。 そういう記事が、今日の新聞に小さく載っていました。 使うなというのも乱暴なことだけれど、日本の企業が商標登録をしてしまうのはどうかと思う。 文学作品は人類共有の財産であるべきではないでしょうか。 三國志 7 (説明扉付きスリムパッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日買った本

2冊のうち、片方は以前買った物の続編。こちらは期待通り。 もう片方が問題。S社のティーンズノベルで、ずいぶん前に著書を何冊か買ったことのある人の作品。ただ、あれを作品といっていいものかどうか。 わたしは、小説が読みたかったのであって、易経の入門書が欲しかったのではない。 最初はよかったよ、ほんの数ページは。女の子が少年の家におじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説「エマ」

久美沙織 著、原作 森薫。 久美沙織さんの本は、「ドラクエ」以来ですよ。 後書きでは、ヴィクトリア朝のことはあまり関心がなかったと書かれてますが、うそーと思うくらいの描写がなされています。 ヴィクトリア朝は、シャーロックホームズや不思議の国のアリスなどで、知ってる人にはおなじみの時代。(知らなくても充分楽しめます) 何はなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本屋さんに行かなくなった

最近、通販で買っているからですが。 おかげで、出不精に磨きがかかっています。 もっとも、いったん書店に入ると最低1時間。ちょっと買い物にいくつもりが、どこへ行く時間もなくなったというのがざらだったので、あんまり変わらないかもしれない。 ただ、新しい本との出会いというやつは、なくなってしまう気がします。 それなのに、本の増えるスピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビドラマ

普段見ないのだが、番宣につられて「富豪刑事」を見た。 いや、なんだか。また見るかどうかは不明。 薬師寺涼子と、どっちがよりとんでもないだろうかと、ふと思う。 まだ(相手が)人間なだけこっちがましか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、本を読むのか?

 そういう質問を、高校生のときされたことがある。相手は、担任の先生。 母の同級生だったこともあって、気にしていたらしい。当時の私はとにかく何でも読んでいて、自分でも、タイトルや著者を覚えていないものも多かったのだが、学校の図書館で借りた分はチェックしていたようだ。太宰治の本を何冊かまとめて読んでいたときには悩みでもあるんじゃないのかと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more