テーマ:てんてこ☆まいまい

お届けものが来てしまいました。

「ちわーっす、お届けものでーす」 大きな声に表にでてみると、いつものヤマ○運輸のにーちゃんだった。しかし、今頃届くような荷物の心当たりがない。子供服はこないだちゃんと着いたし。 ん?この箱、いつもとなんか違う気がする。そーいえば、配達のにーちゃんの制服もどことなく違和感が……。 へ!?ちょっと待て。今、尻尾が出ていなかったか?この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い日にあったかい物を食べるのは、それだけでなんかしあわせ。

あっつい日に冷たいものを食べるよりしあわせ度が高い気がするのは、なぜだろうね? ほわわんとした気分になるからなんだろうか? そういうわけで、冷え込んだ昨日(7日)のお献立は鍋。湯豆腐にしようか迷ったけれども、最近少なめになっている野菜を食べさせたいので野菜入りで。他には、買い置きの馬刺。両親が九州出身なので、馬刺はわりと身近な料理な…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

クリスマスの贈り物

華やかなイルミネーションと、にぎやかな音楽、楽しげな話し声。小さなこの町も、年末に近づくにつれて、浮き立つような雰囲気がただよう。 クリスマスは楽しい。友達と、家族と、楽しい時間を過ごす。 けれどまいは、ほんとうはクリスマスがあんまり好きではない。 行き交う人を見るたび、楽しそうに、たとえ雪が降っていても暖かそうに笑いあう人々を見…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ゴジ○・ゴ○ラ・メカ○ジラ♪(後編)

超時空妖怪てんてこ☆まいまい   メカゴジ○の逆襲! 前編から早4日。遅くなりました、後編でございます。 暴れるメカ○ジラは、天梃子舞神社をめざして進みだした。 「おねぇちゃん!たいへんですぅ!!」  いつものことなので、あわてて飛びこんだまいにおっとりと微笑をかえすしずかは、たいへんなことだとは全く思っていな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ゴジ○・ゴ○ラ・メカ○ジラ♪(前編)

超時空妖怪てんてこ☆まいまい   メカゴジ○の逆襲! 長かった夏も、さすがに11月に入ると気配も感じられなくなる。つい数日前まで半袖がここち良かったのに、いまはもう長袖でないと肌寒い。 まいたちの通学路の半分ほどは道の両側に水田が広がっているのだが、今はどこもかしこも金色の稲穂が頭をたれていて、すでに稲刈りにはっている田んぼも…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

「めな の 後ろ姿」について

「めな の 後ろ姿」について 相変わらず、めな可愛いです。 それでは。 「いた~い~」 「どうなさいました?めなさま」 めなは涙のういた目でじいを睨んだ。そんな顔をなさるめなさまも可愛らしいと、じいは目じりを下げる。 「じい~しっぽ~、ふんだ~」 「えっ?ええっ!?」 めなとじいは部屋の両端に分かれている。しっぽなど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

校長先生の憂鬱 (2)

 少年はあせっていた。自分の計画にミスはなかったはずだ。なのに、なぜ、いまここまで追い詰められているのか。  ことは秘密裏に運ばれたはずだった。漏れることがないように細心の注意をはかった。気心の知れた者だけを集め、秘密を漏らすようなうかつな者は最初から計画に加えなかった。いや、意識して彼らには絶対に知られないようにした。それなのにこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校長先生の憂鬱 (1)

 はじめに。 この話は、ヨウさんのヒューヒューとポーポーなしには出来なかったものです。ヨウさんの設定とはおそらくかけ離れた物となっているとは思いますが、それでもあのイメージなしには成立しません。勝手な使用と設定の作成について、御礼とお詫びを申し上げます。    超時空妖怪てんてこ☆まいまい    校長先生の憂鬱  受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トップページに「さら・うどん」

時々見に行くHPの更新がものすごく早い。 一日睡眠時間三時間が目標なんてことを書いてあるので、ちょっと心配な気がします。 どっかで、「大丈夫」といったことも書いてあったようですが。 それはおいといて。 タイトルどおり、「さら・うどん」です。 とっても春らしい色合いのさらです。 ……特に意味のない内容で申し訳ない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しずかさんは高校生!

すーっかり忘れていましたよ。だから、あれやらこれやらで書いたものの年齢設定はもうすこし上。 17歳だと、美女というより美少女ですね、まだ。 いやまて。こちらのHPによるとまいたちは中学生。 わたしの文中では高校生。そうか、最初の設定が違っているのか。 それでは、「うちの」しずかさんは二十歳前後、ということで。 まいが中学生か、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

てんてこなストーカー

 今日もまたついてきている。  学園祭以来、まいとしぃに数人の青年がつきまとっているのだ。 「しぃ先輩ならわかるけど、まいにもねぇ」 「はるかちゃぁん、冗談じゃないですぅ」 「物好きもいたもんデスネェ?」  サマンサ、それはあんまり失礼だろう。まいは気付いていないようだが。  もっとも、しぃのほうは彼女の祖父が差し向けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草粥と摘み草

今夜(7日)は、さっぱりと七草粥にしました。おかゆ、好きです。  ほんとうは庭にあるものを摘んだほうがいいのでしょうが、とにかく寒いのに勝てない。そして、夏ならともかく、今の小さい葉っぱだけの雑草は見分けが付かない。芹と蕪と大根以外は揃うはずなんですけどね~。 できれば、地元産のを買いたかったのですが、…どうして春菊が大量に入ってる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時空家のお正月

広いだけがとりえの古い屋敷。中でも一番広い座敷に、一族の者が揃った。特に遠方や、仕事のあるものを除いてほとんどが集まる。普段は研究室から一歩も出ようとしないスラッグ博士までもが顔を見せている。 ナメクジ一族の新年は族長の言葉から始まる。ここ数年は族長の容態が思わしくなく、代理としてめながその役目を果たしている。 「みなさま、明けまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殿田矛家のお正月

 髪飾りをむしりとると、しぃは着替えもせずにベットに倒れこんだ。 「お嬢様、せめてお化粧は落とされませんと肌荒れの原因になりますわよ?」 「ほんっとうにもう、勘弁して欲しいわ」  化粧でかくしてはいるが、少し顔色も良くない。それも無理はあるまい。冬休みに入ってからこっち、クリスマスやら忘年会、新年会とパーティーの連続で休む間もない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の椿事

 12月初旬、まだ年の瀬というにはまだ少し早い時期。 天梃子舞神社の近くを不審な人物がうろついていた。一般家庭で使われるには少しごついカメラを抱えたくだけすぎた恰好の若い男と、スーツ姿だがOLというには派手すぎる、自分の容姿にかなりの自信がありそうな若作りの女の二人組み。 「ここがそうなのかしらぁ?」 「間違いなっすよ~、ほら、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

今年もよろしくお願い申し上げます。 といっても、もう4日なんですけど。 …ま、いいか。気持ち気持ち。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

sarunahito氏よりのキャラクターなど使用許可

sarunahitoさんがさっさとブログを閉鎖してしまわれたので、頂いていたキャラや設定などの使用許可をコピーしてあらためてアップしておきたいと思います。以下、削ったところはありますがほぼ原文のままです。ついでに最初に描かれたまいも貼っておきたいと思います。(これが最初のでしたよね~?) テンテコマイマイ保護協会の皆さんへ。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

しずかおねぇちゃんの一日

 静の本職は、天梃子舞神社の巫女さんだ。学生でもある。しかし、それでは生活できないので、モデルもしている。中学生時代にスカウトされたのがきっかけで、生活費の足しにでもなればと始めたのだが、いまでは天梃子舞家の生活費は、ほぼ静が稼ぎ出したものとなった。  静の朝はとても早い。あくまで巫女が本職と考えているので、まず禊を行い体を清める。そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

まいのゆるゆると平凡な日常

まいの朝はあわただしい。べつに、凝ったお弁当を作っているとか、髪型にこだわっているとかお化粧しているとか、朝から入浴をしているということではない。まいまい族の習性というか種族的特長として、どうしても人から見るとのんびりとしか動けないのだ。その分早く起きなさいと姉は言うけれど、そこはそれ。メール打ったり、深夜のテレビを見たり、録画しておい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

殿田矛しぃの華麗??な日常

しぃの朝は早い。メイドさんたちが起こしにくるときにはもう、たいていの身支度は済んでいる。 タイマーで自動的にカーテンがひらき、晴れた日にはさわやかな朝日が、曇りや雨の日にはそれを感知したセンサーが、ステレオのスイッチを入れ、心地よい音楽で目覚めを促す。いまどきめずらしいレコード盤は、祖父の趣味のひとつ。目覚まし時計のような無粋なものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さいきん私を誘惑するもの

それは、ペンタブレット。 どっかで、絵は描かないと書いていたのですが、ほんのちょっとだけうそで、手持ち無沙汰なときなどに落書き程度のものを描いてたりしています。高価な機器は、趣味ですらないことに使うのにはもったいなくて、今まで気にも留めていなかったのですが、ちょっと触発されることがあって、描くのなら欲しいかもしれない、と。 まだ、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうございました

sarunahito様、お願いしておりました例の件、快くご了承いただきまして誠にありがとうございました。 もうこれをご覧にはならないかもしれませんが、これからのご多幸とご活躍をこころよりお祈り申し上げます。                              取り急ぎ用件のみ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

拝啓sarunahito様

 お忙しい中、駄文にてお目汚しする失礼をお許しください。 ブログを閉鎖し、インターネット自体からも遠ざかられるとの記事を読み、いささか驚いております。なにを突然と思いましたが、以前にもやめると仰っていましたね。私もそのときお止めしたうちの一人でした。ほんとうにたくさんの方があなたの書かれる記事を楽しみにしていらっしゃるのだと改めて知り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

じじいの独白3 めな様の多忙!?な日常

 めな様は、ゆっくりとお歩きになる。どんなに急いだとしても時速3キロが限度だろう。むろん、時空家のご令嬢にそれ程のな距離を歩いていただきたい訳はないのだが、ご自分の足でしっかりあゆまれることをお望みなので、学校へも徒歩で通われている。1キロほどの距離を三十分以上かけて通っておられる。  めな様は、もともと車がお嫌いだ。少し速度を上げる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風邪が流行る季節

いくらなんでも、夏服では寒い。 ですので、制服を注文したいなー。いかがでしょうか?sarunahito様。 合服と、冬服と、学校指定のコート。めなが中学生で決定なら、中学校の制服も。 皆さん、どんなのがお好みなんでしょうか?
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

番外編 『てんてこ学園祭』

すっかりご無沙汰しております。そろそろ復活しようかと思い立ったのにいきなり風邪気味でございます。あう~。 本編はおいといて、番外編をひとつ。少し長いのですが、あきらめてお付き合いください。 てんてこ☆まいまい 秋のSP 『てんてこ学園祭』 すっかり秋である。そこかしこに落ち葉が舞っている。さぞかし掃除のしがいがあ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

道端に彼岸花

一段と暑かった今年の夏も、少しずつ秋へと移ろうとしています。 今年の夏は、一言でいうと、「てんてこまいまい」な感じでした。 現実が忙しかったわけではないのですけどね、なんというか、精神的に、いろいろと。 ブログも、気がつくと特定のテーマの記事しか書いてなかったりしてたので、いくつか思いついた駄文をつらつら書いてみたのですが、後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

じじいの独白 2  しぃの祖父

以前に書いた「キュウリ戦争2」という記事で、しぃがずいぶんナメクジを嫌っているようでした。で、理由を考えてみました。 普通の一戸建てがすっぽりはいるのではないかという広い部屋の壁一面に、スクリーンが張られている。そこに映し出されているのは、角田家の縁側で仲良くきゅうりを食べる、まい、しぃ、さらの三人。ずいぶん上のほうから撮影された…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「おまたせ !! らい★でんでん 登場 !!」について

「おまたせ !! らい★でんでん 登場 !!」について 忘れていたわけじゃないのよ~伝君。ただ、美形なだけのキャラなんて動かしづらいだけのこと。そのうえ、強烈な個性を持った面々が揃ってますからねぇ。 たしか、暗い過去があった筈。自分で書いているのに忘れ去ってます。薄情なお母さんです。 女の子の方が書いてて楽しいんだもん。 「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

妖怪大戦争 決戦!(1)

ある日を境に、まいたち妖怪の生活は一変した。 ばれたのだ。 人間ではないことが。 少数のハンターに狙われるのは、それはそれで大変だったけれど、今よりはましだった。どこへ行っても落ち着けるところがない。同級生たちからも憎しみのこもった目で見られるようになった。 もう、学校へも行けない。追われる日々が始まった。 「アメリカに来…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more