テーマ:お正月

郷土料理

正確には、両親の「郷土」料理なんだけれども。 これは、がめ煮というもの。 実を言うと、お節のときにアップするつもりで取り込んでいたもので、うっかり忘れてしまって悔しいので、あらためて記事にすることにしました。 それから、郷土というより、両親の実家の家庭に伝わる雑煮。 手がかかるんだ、これが。でも自分でも好きなので、毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のおせち

明けましておめでとうございます。 本年が皆様にとりまして素晴らしい一年であることを願っております。 さて、31日に書いたとおり、ほとんどやっていなかった正月の準備を、突貫工事で進めることになってしまいました。なんとか無事終了し(24時までに終わらなかったけれど)新年を迎えることが出来ました。賑やかにやってきた年賀の客は、先ほど全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒豆

今年は、父が「何にもしない」と言ったので、お正月らしいことは何もしないつもりだったのですが、兄弟が子供を連れて来るというので、急きょ慌てる羽目になっております。体調悪いのに…。 ただ、黒豆だけは準備していて、すでに出来上がって冷蔵庫の中にあります。今回は我が家のものにしては少ししっかりした煮上がり。後は、色が真っ黒にならないのがね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時空家のお正月

広いだけがとりえの古い屋敷。中でも一番広い座敷に、一族の者が揃った。特に遠方や、仕事のあるものを除いてほとんどが集まる。普段は研究室から一歩も出ようとしないスラッグ博士までもが顔を見せている。 ナメクジ一族の新年は族長の言葉から始まる。ここ数年は族長の容態が思わしくなく、代理としてめながその役目を果たしている。 「みなさま、明けまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殿田矛家のお正月

 髪飾りをむしりとると、しぃは着替えもせずにベットに倒れこんだ。 「お嬢様、せめてお化粧は落とされませんと肌荒れの原因になりますわよ?」 「ほんっとうにもう、勘弁して欲しいわ」  化粧でかくしてはいるが、少し顔色も良くない。それも無理はあるまい。冬休みに入ってからこっち、クリスマスやら忘年会、新年会とパーティーの連続で休む間もない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の椿事

 12月初旬、まだ年の瀬というにはまだ少し早い時期。 天梃子舞神社の近くを不審な人物がうろついていた。一般家庭で使われるには少しごついカメラを抱えたくだけすぎた恰好の若い男と、スーツ姿だがOLというには派手すぎる、自分の容姿にかなりの自信がありそうな若作りの女の二人組み。 「ここがそうなのかしらぁ?」 「間違いなっすよ~、ほら、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

今年もよろしくお願い申し上げます。 といっても、もう4日なんですけど。 …ま、いいか。気持ち気持ち。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんねんのごあいさつ

あんまり年末のような気がしないまま、年が明けてしまいました。 とりあえず、『あけましておめでとうございます』 お正月の準備は疲れます。31日は、買い物に行ったほかはおせちの準備に明け暮れました。でも、まだいいほうです。おじやらおばやらいとこ達やらがたくさん来やがっていた頃は30、31日と二日掛かりでしたから!(材料の買出しまで含…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more